本文へジャンプ

信州人キャリアインタビュー

ホテル

東急ハーヴェストクラブ旧軽井沢

フロント  内藤春菜さん

■どんな就職活動をしていましたか

「非日常」のなかで「特別」に立ち会える仕事を探して

内藤春菜さん

高校から県外に進学していましたので、両親のことも考えて就職はできれば県内、県内でなくても長野県に近い場所でと考えていました。当時強く思っていたのは「人と関わる仕事に就きたい」ということで、なかでも「非日常」や「特別」な場面に立ち会える仕事はないかなと考えながら、特定の業界や職種に固執することなく、会社探しをしていました。

説明会や面接のほとんどが現地で開催されていた為、地元から離れていた私はなかなか参加出来ず焦りと不安があり、積み重なる交通費も大変だったので、説明会等の参加を数日間に集中させるなど、なるべく大学と地元の往復を減らすよう工夫しながら活動していました。

接客以外にも様々な業務ができる幅広さに惹かれて

正直なところ、ホテル業は全く考えてなく、会員制リゾートホテルの存在も知らない状態でしたが、参加した合同説明会で、会員制リゾートホテルならではのお客様との親密さを聞いて、非常に興味を持ちました。

また、ホテルの表舞台となる接客だけでなく、会員制特有のイベント企画や会報誌作成までスタッフ自身が行うというのに興味を持ちました。総支配人はじめ、社員の方が話をしっかり聴いてくれてとてもいい雰囲気でしたし、自身のやりたい事ともマッチし、接客以外にも様々な仕事ができそうということもあって今の会社に入社を決めました。

■今の仕事内容と入社してよかったと思うこと

フロント業務からポスター制作まで好きなことを仕事で活かせる

内藤春菜さん

現在入社3年目でフロント業務を担当しています。フロントでの主な仕事は、チェックイン・チェックアウトなどカウンター業務や、宿泊予約やお問い合わせの電話対応です。その他にも、お客様のご要望を承るため部屋に伺ったりもしますが、接客の合間にイベント準備や会報誌作成など事務仕事もしています。

フロントスタッフは、日々のルーティン業務以外にも個人で割り当てられている担当業務があり、私はホテル刊行物の作成や、チラシ・ポスター制作を主に担当しています。学生時代に美術関係の勉強をしていましたので、好きなことを仕事で活かせているのもやりがいになっています。

「いろんな業務に携われそう」と思って入社しましたが、思った以上に様々な業務を担当させてもらっているので、仕事はとても充実しています。

自信を持つことの大切さを気づかせてくれる職場

職場は上司に対しても、同僚に対しても自分の意見が言いやすい環境です。スタッフに決定権が任されているので、自分から発案しやすいですし、発案したアイデアや意見に対しても相談にのってくれたりアドバイスをくれたりするので、仕事はやりやすい環境だと思います。

いいところは褒めてくれるので、自信にもつながります。私も以前、スタッフから「お辞儀がとても綺麗」と褒めてもらったことがありました。当時は接客や言葉使いが未熟な分、姿勢とお辞儀だけは綺麗にしようとこっそり頑張っていたので、その一言がとても嬉しく、自信になりました。

一つ自信を持てることができたからか、それ以来、お客様からもお褒めの言葉を頂くことが増えたように思います。

あの一言は、自信を持つことの大切さを気づかせてくれました。今でも時折思い出す、嬉しくて大切な言葉ですし、こんな言葉をかけてくれる職場でよかったと思います。

「これからも頑張って」お客様の言葉がやる気に

この仕事では、職場のスタッフだけでなく、お客様からも嬉しい言葉をかけていただく機会があります。

入社1年目で会報誌の制作を任された時も、お客様から「読んだよ」「これからも頑張って」という言葉をいただきました。分からないことだらけのなか先輩方に助けてもらってようやく完成し、お客様に届くまでハラハラしながら過ごしていたので、それを聞いた瞬間、涙が溢れそうなほど感動しました。

私が制作したものを実際手に取って、楽しんでくださったことがとても嬉しく、これからもっと頑張ろう!とやる気に繋がりました。

お客様一人一人のニーズは本当に人それぞれ異なるので、雰囲気から察することは難しく、自分自身のサービスもまだまだと思うことはたくさんありますが、これからもお客様に喜んでいただけるよう、様々な機会を活かして、成長していきたいです。

■就職活動をされる方へ

「内藤さん、いる?」顔見知りのお客様が増えていく楽しさ

内藤春菜さん

会員制リゾートホテルですので、お客様はリピーターの方々ばかりです。働いていくうちに顔見知りの会員様が増えていくことが楽しみのひとつでもあります。

お客様もスタッフとの交流を楽しみにしてくださっているので、チェックインやチェックアウトの時以外でも「内藤さんいる?」と声をかけてくださったり、お菓子や靴下などのお土産をくださったり、「いつもありがとう」「またくるよ」といった言葉をかけてくださったり。そんな時は特に、ここで働いていて良かったとしみじみ思います。

そして、福利厚生もしっかりしています。自社系列ホテルにも格安で宿泊できるので、箱根や熱海など国内の観光地へ気軽に旅行ができるのも、旅行好きの私には嬉しいポイントです。

自分の思いや挑戦を支援してくれる環境があります

当館は、日本有数の歴史あるリゾート地・軽井沢で「会員制」という大きな利点で接客に携われる数少ないホテルだと思います。また、上司を含め周りのスタッフ全員、個人の色々な思いや挑戦を支援してくれる環境が整っている職場だと感じます。

これから就職活動を迎える皆さま、ぜひ素敵な笑顔で臨まれてください。これが一番だと思います。皆さまと一緒に働けることを楽しみにしております!


フロント

※記事の内容及びプロフィールは取材当時のものです。(2017年1月)

内藤さんが働く、東急ハーヴェストクラブ旧軽井沢で働きたいと思ったら・・・

【現在募集中】 2018年3月卒業予定の方へ 新卒採用情報
【現在募集中】 2018年3月卒業予定の方へ 新卒説明会情報

内藤さんが働く、東急ハーヴェストクラブ旧軽井沢を率いる・・・

総支配人 今井正三氏 トップインタビュー

  • しあわせ信州
  • 美しき、深き、信州。
  • ふるさと信州寄付金
  • 広報ながのけん
  • NAGANOものづくりエクセレンス
  • 社員の子育て応援宣言
  • ビーなび信州
  • Iターン信州
  • おしごとながの

pagetop