本文へジャンプ

トップインタビュー信州

専門店(総合)

株式会社唐沢農機サービス

代表取締役社長  唐澤健之 氏

■業界の概要と企業の概要

「We Support Local Agriculture! ~私たちは「地元農家」を応援します~」をコンセプトに、「農機販売事業」「農機修理事業」「農機再生事業」「インターネット事業」「コイン精米事業」の5つの事業により農業に関する総合的なサービスを、機械屋目線にとどまることなく展開する唐沢農機サービス。

人が生きていくうえで絶対に必要な「食」を支える農家のみなさんのニーズや成長・戦略にあわせ応援しています。未来はITが中心。唐沢農機サービスのもとでITを駆使した農業界のインフラ構築が始まっている。

■事業と強みと今後の展開

地域密着で、立体的に展開する農機部門

長野県東御市に立地する私たちは、東信地方を中心として農機の修理・販売を手掛けています。

農機部門では、三菱農機プロサービスコンテスト2年連続全国1位の一級整備士が常住。フットワークの軽い若いスタッフたちが、農家のみなさんの農機具に対する要望を汲み上げ、ITを活用したノウキナビなどを利用して、農家のみなさんの需要に立体的に展開しています。

ウェブ部門の強みは農家さんに一番近い位置で仕事をしていること

弊社にはウェブ部門があります。全国的にみても、農機具販売店でIT部門をもっているのは弊社1社のみです。ウェブ部門は自社サービスを展開するセクションと受託案件を請け負う2つのセクションに分かれます。

自社サービスでは、ECサイト・マッチングサイトの運営を行っています。「農家直売どっとこむ」と、中古農機流通支援サイト「ノウキナビ」を運営しています。

地域密着型・産地直送を行うECサイト「農家直売どっとこむ」は、"自分の作物をインターネットで売ってみたい"というお客様の農家さんからの要望がきっかけで作りました。農家さんの農産物を「売る」お手伝いをする、農家の設備投資は弊社から購入してもらうという、互いにウィン・ウィンの関係のビジネスモデルができあがりました。

マッチングサイト「ノウキナビ」は、農家さんに程度の良い中古農機を届け、農作物の品質・生産性を向上を促し農作物自体が適切な価格で流通することを目指す中古農機流通支援サイトです。自社に限らず、この仕組みを全国の農機販売店や農家さんに利用いただくことで中古農機の流通促進を図り、農業業界全体の発展に貢献していきたいと思っています。

自社サービスサイトでノウハウを蓄積

これら自社サービスを運営・運用していること、これが弊社と他のウェブ制作会社と異なる点です。自社サービスによって得たノウハウを活かし、今までの"あればよかったウェブページ"から"費用対効果のある「成果達成型戦略的ウェブページ」"を展開しています。

"だれのために+何を伝えて+どうさせたいのか"を明確に設定し、SEO対策やPPC広告(インターネット広告)、コンテンツマーケティングなど効果的な集客方法を用い、売上・集客に直結させていきます。

さらに、アクセス解析・動線の改善など、ウェブマーケティングの新しい手法を自社サービスを用いて研究・開発も行っています。「成果達成型戦略的ウェブサイト」に「成果達成型戦略的ウェブ運用コンサルティング」も加えることで、お客さまの要望に応えます。

このようなことが可能になるのは、社内に製作スタッフがいるからであり、それが弊社の一番の強みです。

農機具販売店の高齢化対策

高齢化の波は農機具販売店にも及び、高齢化と後継者不足により閉店をよぎなくされる店舗も出てきています。これは、農機具販売店がなくなってしまったら農機をメンテナンスするところがなくなってしまうという、生産農家にとってとても深刻な問題なのです。

唐沢農機サービスとしては、今後若手のスタッフを教育し、このような問題を抱える販売店に派遣するとともにフランチャイズ化を図っていこうと考えています。

未来はITが中心

農業界の未来にはITの力が必要です。今後は、中古農機流通支援サイト「ノウキナビ」のインフラを構築していきます。農業にかかわる人たちへのさまざまな情報や農機のデータベース化や、いずれは「農家直売どっとこむ」を「ノウキナビ」に組み込んでいきたいと考えています。

ウェブ制作に関しては、ウェブコンサルティング事業を展開していきます。クライアントとともに成長し続けるパートナーになれるようにしていきたいと考えています。

■求める人材像は・・・

農機屋でなく、農家さんが儲かるパートナーに

私たちには農機屋という考えはありません。常に新しいことにチャレンジする精神を大事にしています。

農家さんが儲からなければ、私たち農機具販売店は儲かりません。なので、今までのような受け身の農機屋ではなく、農家さんに対し"売れる仕組み"をこちらから積極的に提案していきます。その1つの例が、お客様の農家さんのために作った「農家直売どっとこむ」です。

既存の考えではなく常にチャレンジ精神で

農機部門はお客様相手の部門ですから、誰のために何が自分でできるのかを考えることができ、自ら行動できることが求められます。「農機屋の目線で農業に何かをしたい」という思いのある方、やる気・若さ・エネルギッシュな方を求めます。一緒に農業界に変化をもたらしていきましょう。

未来はITが中心です。ウェブ部門では、「ITの力で農業の未来を変えてみたい」という思いのある方を求めます。受け身ではなく、自ら行動し、自分の考えたことに対して責任を持って成果を出していってもらいたいと思っています。

ここで働く魅力と会社の可能性に魅力を感じられる方を歓迎します。

■ウィルウェイズが語る、エピソード オブ "社長"

 「農業をかっこよくやろうよって思うんです。若者がなりたい職業の第1位にしたい」と語る唐澤社長。

求める人材も、「自分で考え自分で業務を遂行できる人・成功したい人・夢を見れる人」と、エネルギッシュな若い起業家らしい顔をのぞかせます。長野県の農業界のIT化は若い人材の活躍によって着実に進んでいると感じました。

※記事の内容及びプロフィールは取材当時のものです。(2015年11月)

そんな株式会社唐沢農機サービスで働きたいと思ったら・・・

【現在募集中】 農業・栽培管理 中途採用情報
【現在募集中】 Webプログラマー 中途採用情報
【現在募集中】 Webディレクター 中途採用情報
【現在募集中】 経理職 中途採用情報
【現在募集中】 営業職 中途採用情報
【現在募集中】 整備職(及び営業) 中途採用情報

株式会社唐沢農機サービスで働く社員の・・・

システムエンジニア T.H.さん キャリアインタビュー

  • しあわせ信州
  • 美しき、深き、信州。
  • ふるさと信州寄付金
  • 広報ながのけん
  • NAGANOものづくりエクセレンス
  • 社員の子育て応援宣言
  • ビーなび信州
  • Iターン信州
  • おしごとながの

pagetop