本文へジャンプ

信州人キャリアインタビュー

建設コンサルタント

株式会社みすず綜合コンサルタント

技術部 部長  嶋田隆信さん

■会社を選んだ理由

求人がない時代に、積極的に採用活動をしていた元気な会社

今年で入社16年目になりますが、私の就職活動の頃は全く求人がなくて。大学は埼玉でしたが、就職は地元一本で考えていたので、Uターンの就職活動はさらに厳しかったですね。今のような就職サイトはなく、学校の就職課からの紹介もあまりなく...。だから、積極的に企業説明会に行ったり、同郷の大学の先輩に話を聞いたりして、就職情報を足で探していました。

この会社を知ったのも、企業説明会がきっかけでした。他社で求人がないときに、大々的に募集をし、セミナーをしていたので、興味を惹かれましたね。大学で専攻した建築土木関連の仕事がしたいという希望にも合いましたし、人事の方や社長の明るい人柄に、初めて話をしたときからどんどん引き込まれていきました。

他社も受けていましたが、最終的に決め手になったのも社長の人柄です。今もそうですが、本当に元気なので、こんな元気な社長のところで働きたいと思いました。

■今の仕事内容と入社してよかったと思うこと

「自分でやるしかない」を身につけた3年間

入社して3年間は大手企業に出向して、下積みをしてきました。防災関連の仕事でしたが、地元の会社では経験できないようなことも経験させてもらいました。

例えば、大手企業では先輩が面倒を見てくれるのは最初の半年だけで、1年もすれば即戦力として扱われます。「○○で群発地震が起こったから行ってくれ」と言われ、1人で荷物を持って1か月ほど滞在して現地調査をしたこともありました。そんな「自分でやるしかない」状況のなかで、自分なりに考えて動くように鍛えられたと思います。

「みすずさんにやってもらってよかった」の一言に

今までに、会社としても経験したことのない案件を受注してそれを任されたこともありました。工期が1年、内容も従来の規模の10倍くらいの仕事で、当初はどうしようかと...(笑)。でも、一生懸命やっているうちに周囲が助けてくれたんです。そうして会社の仲間や関連業者の方など多くの人に支えられ、最終的には困難な仕事をやり遂げました。最後にお客様に「みすずさんにやってもらえてよかった」と喜んでもらえて、高評価を頂けたときにはとても嬉しかったですね。

若いうちは、誰にでも相談を

現在は技術部門を統括していて、30名程の部下がいます。だから今は、部下の話を聞くのも大事な仕事です。上からの一方的な言葉は浸透しにくいので、メンバーから質問や相談などの言葉が上がってくるような雰囲気作りを意識しています。

自分もそうでしたが、若いうちは誰にでも相談していく気持ちがないと仕事が進みません。私の場合も、出向期間中に嫌がられても質問をしまくっていました。アルバイトの方でも、パートの方でも、「雑用を手伝いますから、教えてください」という気持ちでしたね。そこには「早く覚えて、認めてもらいたい」という気持ちしかなかったと思います。

でもそこで質問して成長することを繰り返すうちに、最初は感じていた周囲との壁がお互いになくなっていったように感じています。

質問や相談は、社内の人間関係作りにも役立つのです。だから積極的にしていくことが大事ですし、今の立場としては気軽に相談してもらえるよう風通しを良くしておきたいと思っています。

ボランティアは自分の視野を広げる機会

また、会社のイベントは特に多いほうだと思います。地域貢献というキーワードのもとに、皆で外にでてお祭りに参加したり、マラソン大会でゴールした人のサポートをしたり、市内のイベントで「ふるまい鍋」をしたり。数え上げるときりがありません。

社外活動を面倒に思う方もいるかもしれませんが、面接で話をすると「ボランティア活動や地域行事に積極的に参加していることに惹かれた」という話もよく聞きます。

確かに休日に出ていくのは大変ですが(笑)、やっていると面白いんですよ。知り合いもどんどん増えて、自分自身の視野も広がります。会社以外のイベントに積極的に参加させてもらえるのはいいことだと思っています。

また、こうしたイベントは家族も連れていきますので、社員同士の家族との交流も生まれます。社員も家族も一体になれるような気がしますね。

■就職活動をされる方へ

社長が自分に合うか?という基準で選んでみては

会社を選ぶ際に、この会社は「ちょっと固そう、難しそう」というイメージを持ちそうな会社ですが、そう堅苦しい会社じゃありません。先輩は皆優しく教えてくれますし、相談しやすい環境でフランクにやっていますので、堅苦しく考えないでもらえればと思います。

私自身の経験からいうと、就職先は人事担当ではなくて、その会社の社長と話をして、その印象で決めるのが一番だと思います。私自身、それで選んで本当に良かったと思っていますから。大企業とは異なり、地元に根付いた会社というのは、トップの色が良く出ています。長く働く会社だからこそ、その社長が自分に合うという視点はとても大事だと思いますよ。

※記事の内容及びプロフィールは取材当時のものです。(2014年8月)

嶋田さんが働く、株式会社みすず綜合コンサルタントで働きたいと思ったら・・・

【現在募集中】 建築調査技術職 中途採用情報
【現在募集中】 土木設計技術職 中途採用情報
【現在募集中】 地質調査技術職 中途採用情報
【現在募集中】 測量技術職 中途採用情報

嶋田さんが働く、株式会社みすず綜合コンサルタントを率いる・・・

代表取締役 増沢延男 氏 トップインタビュー

嶋田さんが働く、株式会社みすず綜合コンサルタントの同僚の・・・

調査設計部 係長 増澤 昌さん キャリアインタビュー
用地補償部 係長 市村 哲也さん キャリアインタビュー

  • しあわせ信州
  • 美しき、深き、信州。
  • ふるさと信州寄付金
  • 広報ながのけん
  • NAGANOものづくりエクセレンス
  • 社員の子育て応援宣言
  • ビーなび信州
  • Iターン信州
  • おしごとながの

pagetop