本文へジャンプ

信州人キャリアインタビュー

ホテル・旅館

株式会社池の平ホテル&リゾーツ

宿泊客室部門 予約・フロント  K.T.さん

■どんな就職活動をしていましたか

片道3~4時間かけても行ってみたいと思った説明会

学生時代にサークル合宿の幹事を経験し、旅行会社の方と話す機会が多かったことから、当初は旅行業界で働きたいと考えていました。しかしなかなか思うようには決まらず、「人と接する仕事」と幅を広げて可能性を探すことにしました。

その時に東京で開催された説明会で、池の平ホテル&リゾーツに出会いました。コマーシャルもよく見かけたので名前は以前から知っていましたし、女将のエネルギー溢れる話を聞いてとても面白そうだと感じたのです。そして、現地説明会も開催されると聞いて、ぜひ行ってみたいと思いました。

3~4時間の移動時間をかけて、現地の説明会に参加したのはこの会社だけ。朝早い出発で大変でしたが(笑)、それだけ惹かれるものがあったのです。

「長野で働きたい」と心に決めた、帰り道の出来事

私の場合は、実家が東京、大学は埼玉です。働く場所にこだわりはありませんでしたが、長野は「縁も所縁もない場所」。だから、まさか長野県で働くことになるとは全く思っていませんでした。

しかし、説明会で先輩社員の話を聞いて「こんな感じで仕事するんだな。楽しそうだな」とイメージが付き、送迎バスのドライバーの方と話をして「本当にいい人達だな」と思い、次第に「ここで働きたい」と思うようになっていたのです。

そして決定的だった出来事がありました。その日は、ホテルと茅野駅を結ぶ路線バスの待ち時間が2時間以上あったので、面接終了後ホテルから歩いて帰っていました。すると途中で地元の方の車が止まり、「何をしているの?乗っていきなよ」と声をかけてくれました。

この道をリクルートスーツで歩いている学生も、珍しかったのでしょう(笑)。就職の面接に来たことを話すと、「ここは本当にいいところだよ」と語ってくれて、そのまま駅まで送ってくれました。地域の方の温かさを感じて、「長野県って、いいところだな」と心底思いました。

他社からも内定を頂いていましたが、こうしたエピソードも決め手になって「長野で働こう」と決めました。

■今の仕事内容と入社してよかったと思うこと

玄関前でお迎えする、ホテルの第一印象となる仕事

現在、私はキャノピーを担当しています。キャノピーとは、玄関前で最初にお客様をお迎えする仕事で、お迎えのご挨拶やチェックインのご案内、重そうな荷物を運ぶお手伝いや、駐車場のご案内などをします。私達の対応でホテルの第一印象が決まるので、緊張感がある分、やりがいもあります。

またこの仕事では、「早く着いてしまったんだけど、この辺で遊ぶところない?」と周辺のことをよく聞かれます。お客様からのお問い合わせにお答えできるよう、周辺の観光の勉強は欠かせません。4月に入社して3か月目、まだまだ覚えることは多いですが、それでも帰られる際に「ありがとう、楽しかったよ」と言っていただけると嬉しいです。

「君に荷物を持ってもらえて、本当よかったよ」

ホテルでは従業員1人1人の対応が、非常に重要です。1人の対応が悪ければホテルの全体の印象が悪くなってしまいますし、対応が良ければ「いいホテルだった」と思っていただけるからです。先日、それを痛感する出来事がありました。

それはイベント開催期間中で、宿泊のお客様も多く大変混雑しており、何かとお待たせしてしまうことが多い日のことでした。ロビーで足の不自由なお客様がいらっしゃったので、その荷物を持ち外の車までお運びしました。するとそのお客様がおっしゃいました。

「今回はとても混んでいたし、待たされることも多くてとても残念に思っていた。だけど、最後にこんなふうに荷物を持ってもらって本当によかった。今度はもっとよいサービスを期待しているよ。君、名前はなんて言うの?覚えておくよ、また来るから。」

混雑を言い訳にできるわけではありませんが、滞在中、不満な思いをさせてしまっていたお客様に、「また来るよ」と最後に笑顔でおっしゃっていただけたことを、本当に嬉しく思いました。

自分の対応次第で、お客様に笑顔になっていただけて、ホテル全体の印象もよくなる。それを実感し、改めて気を引き締めて、笑顔や挨拶、気配りを磨いていこうと思っています。

■就職活動をされる方へ

明るく元気で素直が一番!そして社内でも挨拶は大事

人と接するこの仕事は、「元気で明るくて素直」なのが一番です。お客様に印象に残ったサービスを書いていただくアンケートがあるのですが、元気で明るくて素直な同期の名前はよくアンケートにも出てきています。それを見ると、私自身も元気で明るく、そして挨拶と笑顔を心がけていこうと思いますね。

また、挨拶はお客様に対してだけでなく、社員同士でも大切です。私は他部署の方でも、挨拶は欠かさないようにしています。挨拶や日頃のコミュニケーションを大切にしていれば、何か仕事をお願いしなければいけないときでも、「Tの頼みじゃしょうがないか」とスムーズに話が進みます。お客様への対応だけでなく、社内に対しても元気に明るく、素直。これが一番です。

長野に来て3か月。車がないと何もできないですし、決して便利ではありません。サービス業なので時間は不規則、体力面でも大変だと思います。

しかし、自然環境は抜群です。実は私は風邪をひきやすかったのですが、長野に来てから風邪をひかず体調がすごくいいのです。もともと自然は好きでしたが、「いい環境で働いている」といろんな意味で実感しています。

※記事の内容及びプロフィールは取材当時のものです。(2014年7月)

K.T.さんが働く、株式会社池の平ホテル&リゾーツを率いる・・・

代表取締役社長 矢島義拡 氏 トップインタビュー

K.T.さんが働く、株式会社池の平ホテル&リゾーツの同僚の・・・

宿泊客室部門 K.K.さん キャリアインタビュー
宿泊客室部門 S.U.さん キャリアインタビュー
総合予約センター M.K.さん キャリアインタビュー

  • しあわせ信州
  • 美しき、深き、信州。
  • ふるさと信州寄付金
  • 広報ながのけん
  • NAGANOものづくりエクセレンス
  • 社員の子育て応援宣言
  • ビーなび信州
  • Iターン信州
  • おしごとながの

pagetop