本文へジャンプ

トップインタビュー信州

住宅(リフォーム)

リフォームワン株式会社

代表取締役社長  山崎 昇 氏

■業界の概要と企業の概要

「お住まいの事なら当社にご相談頂ければどんなことでも対応できます。」

そう社長が断言するように、新築から古民家再生・住宅リフォーム・ガーデニングまで一件一件丁寧な仕事をし、お客様の感動を追及する。

16歳で起業した父をもつ山崎社長が、「学生時代のように充実して、仕事をしていても楽しい会社を作りたい」と24歳で起業した会社。それがリフォームワンだ。

■事業と強みと今後の展開

住宅リフォームを基盤に新築・古民家再生・ガーデニングまで
~住宅の事なら100%対応できる会社~


弊社では上田本店・長野店の2店舗体制のもと、東北信地区中心にお住まいの事なら何でも対応できる体制で展開しています。住宅リフォームを基盤に新築・古民家再生・ガーデニングと住宅全般を顧客満足の視点で100%対応できる仕組みが強みです。

たとえば、ちょっとした網戸一枚の依頼が来ても、リフォーム店や住宅業界の営業っておざなりになってしまったり「そのうち行きます」といってそれっきりということが結構あるんですよね。しかし、どんな小さな工事でも一生懸命スピード対応できる社風が弊社にはあります。お住まいのご相談なら、100%必ず満足してもらえる。そんな会社を目指しています。

「人がイキイキと輝く会社」そうじゃなきゃダメだ・・・からの起業

父が16歳で起業した総合塗装会社に高校卒業後職人として入社しましたが、当時の社長・父一人が営業をする下請けがメインの会社でした。下請けではない仕事がやりたいと、住宅の外壁塗装で日本一だった会社に電話して、面接してもらい埼玉で営業に携わりました。この会社は営業が非常に荒く、クレームも多くて性に合わず半年で辞めましたが、ここで営業の基礎は身に付きました。

そして、父の会社に戻って塗替え事業部の責任者に。当時は一件一件飛び込み営業をし、随分と苦労しました。そんな未熟な営業体制の中、最高10名まで営業マンが増えたのですが、社内では仕組みがなくて大変だ。常に新規開拓でつらいと不平不満も多く聞こえました。いちばんショックだったのは、期待していた若手社員が辞めてしまったことです。

そして自分を見つめました。自分の一番やりがいは関わる人すべての「ありがとう」だと。その時ちょうど大手コンサルタント会社から「塗装店からリフォーム店になるセミナー」というDMが来ました。これはすごい!この仕組みならたくさんのお客様からご満足頂ける。リフォームなら大切なお客様と一生涯お付き合いできる、スタッフもやりがいを持つはずだ・・・と思ってすぐに顧問契約。そして直後に、この会社を立ち上げたのです。

毎日寝る前に充実感を感じられる、「わくわく集団」をつくりたい

弊社の社是は「毎日をわくわく充実した生活を送る」ですが、ここには起業当初からの思いが込められています。仕事をしている周りの人を見た時、あまりにイキイキしていなかった。でも、仕事だってわくわく楽しめるはずだ。高校時代は生徒会もやってとても楽しかったので、仕事も同じように楽しんでできる仕事のわくわく集団を作りたいと考えたのです。

リフォームワンには一日24時間を充実させるという考え方があります。人は唯一時間が平等です。8時間仕事(人の2倍の効率で)をして、8時間プライベート(生活)があって、8時間寝る(体を休める)8時間それぞれを充実させて、寝る時今日は良い一日だったなー。と成長を感じながら次の日を迎える。それを毎日繰り返して、悔いのない人生を送る。

これがリフォームワンです。

経営理念は「永く快適に住ごせる住まい創りの追及」とし、住宅を通じて社会に貢献していきます。そして、社是・経営理念に共感できるスタッフ(仲間)とわくわく集団を作ることが私の使命です。そんな、わくわく集団を目指していきたいと考えています。

わくわく住宅公園に、不動産事業。"家のこと"がすべてできる会社に

以前はリフォーム事業メインでしたが、近年立ち上げた新築事業が軌道に乗り始め、現在「家のこと」でカバーできていないのは、土地の取得に関する不動産事業と介護レンタルのみとなりました。次はまず、不動産事業に取り組み、介護レンタルも視野に入れています。

そして将来的には住まいの事なら何でも安心して来場できる公園「わくわく住宅公園」を作るのが私の夢です。その後企業の方向性としては、100年企業と言われる建設業の老舗を目指しています。それは人が集まる「憩いの場」。新築やリフォームなどの情報があって、家のことを安心して選べるような場所です。おじいちゃんとおばあちゃんが「うちの倅が世話になったけど、今度は孫も...」なんて来ていただけるような。

私が社長を退いても会社は社会に必要とされる企業として社会貢献していければと考えています。

■求める人材像は・・・

素直で、「成長したい」と思っている人を求めています

求める人材は、素直で成長したいという意欲がある方です。何かに特化した能力は必要ありません。新卒採用を初めて10年。今は新入社員を育てる教育とわくわくした社風も育ってきました。

わくわく充実した仕事をしたい。建設業で自己の成長を感じたい。そんな弊社の経営理念に共感できる人と、ぜひ一緒に働きたいですね。

■ウィルウェイズが語る、エピソード オブ "社長"

リフォーム営業で全国1位のという、圧倒的な営業力を持つ山崎社長が起業されたのは24歳。それから、現在の組織が出来上がるまでは、本当に紆余曲折があったようです。

「今までは若さで走れた部分もありました。自分の営業力で3億円くらいまではやってこれたのですが、これからはしっかりと組織をマネジメントしていかないとできない領域だと思っています。さまざまな試行錯誤を経て、今日がありますが、一番の自慢は社風と人財です。人が輝く会社をこれからもスタッフ全員で築いていきます。」

試行錯誤のプロセスを前向きに力強く乗り切ってきたエネルギーが、山崎社長の言葉には込められています。

「社員さんの成長が自分のやりがい」というそのパワーを感じるだけでも、説明会に行く価値があることは間違いありません。

※記事の内容及びプロフィールは取材当時のものです。(2014年2月)

そんなリフォームワン株式会社で働きたいと思ったら・・・

【現在募集中】
長野市・上田市勤務
営業職 中途採用情報

そんなリフォームワン株式会社で働く社員の・・・

宮入 瞳さん キャリアインタビュー

  • しあわせ信州
  • 美しき、深き、信州。
  • ふるさと信州寄付金
  • 広報ながのけん
  • NAGANOものづくりエクセレンス
  • 社員の子育て応援宣言
  • ビーなび信州
  • Iターン信州
  • おしごとながの

pagetop